RYUTist

MENU
  • オフィシャルブログ

Words

RYUTistオリジナル曲の歌詞を紹介

雪けし春風

Words・Music by ハヤシユウ

鉛雲(ナマリグモ)をかきわけ 青空が顔を出す
銀の世界で踊る 風はまだ冬のよう

信号待ちで あしあとを追う
黒ずむ雪は 春の訪れを物語るように光る

春風が(ふわりふわり)
息をした(そよりそより)
待ちわびた春がすぐそこに


屋根のつららは少し 寂しそうに泣いてた
雪ではしゃぐ子供も 「またね。」来年を待つ

凍える街に 心地よい風
春の気配を運んできたから 草木の蕾も笑う

足音が(やがて街に)
響きだす(コツンコツン)
待ちわびた春がすぐそこに

春風よ
春風よ

春風が(ふわりふわり)
息をした(そよりそより)
足音が(やがて街に)
響きだす(コツンコツン)
待ちわびた春がすぐそこに