RYUTist

  • オフィシャルブログ

Words

RYUTistオリジナル曲の歌詞を紹介

おむすび(完全版)

Words・Music by アオヤギ幸汰

むすび むすべ 両の手で
ころころと ころがるものも 無駄にはしない
ひとつ ひとつぶが持つ その意味
昇る朝日が 人々に問いかける

使い古された お決まりのレパートリー
ダサいなんて思った日もあるけれど
「やっぱこれだよね」
伝統と王道には それだけの理由があった

見えない明日に 憂い、哀しみ……
それでも 笑顔は忘れちゃ、めっ!

むすび むすべ その手と手
ぽろぽろと こぼれる塩味もおいしいよ
ひとつ ひとつぶが持つ絆を
大きな夜が優しく包みこむ

様々な色と 色々な味があって
飽きたなんて言わせないよ 自由だよ
それはそうとして。
親交の原点には 限られた素材があった

お日さま みんなで囲んで 夜が包んだ
世界はおむすびさ!

むすび むすべ
「きみたちは、きらきらと
 かがやくものをふりかけられた。
 ひとつ ひとつぶが大切だ」と
星たちは静かに語る

おむすび むすべ 両の手で
そろそろっと 夜明けの時間は近づいている
ひとつ ひとつぶが待ち望んだ
心配ないよ もうすぐ 日は昇る



※おむすび(完全版)は、2012年3月11日に初演されました。