RYUTist

MENU
  • オフィシャルブログ

Words

RYUTistオリジナル曲の歌詞を紹介

流星のペダル

Words by Nice*Bee・瀧神 朋生
Music by Nice*Bee

風が冷たく街を包んで
空が高く感じる季節
こうして近くで話していると
息は白くてもうじき冬だなぁ

月が輝く薄暗い蒼に
小さな光 少しずつ増えていくね

ふたり並んで見上げた星空の下
いつもと違う特別な夜
星が流れて あなたが声をあげるよ
あれとこれとを祈ろう 早く! LaLa


無垢のステージあなたは踊る
そっと手をふり私は歌う
何があっても飛び越えられそう
ずっと一緒に笑っていようね

覚えてるかな?去年のいまごろ
ひとり夜空を ながめてた私のこと

涙こらえて 震える私の横に
そっと座って ふざけたふりで
星の動きを教えてくれた あなたを
好きだと知った冬のちょっとだけまえ

ごめんごめんね 可愛くなくてさ
素直になるから これからはいつだって

ふたり並んで見上げた星空の下
手と手つないで すぐに気づいた
ついにきたかな?映画のような場面が
瞳とじたほうがいいんだよね?

ふたり並んで見上げた星空の下
いつもと違う特別な夜
星が流れて あなたが声をあげるよ
ペダルこいで追いかけよう速く! LaLa